• マンションインテリア販売会 専門お問い合わせ
  • ご依頼・お問い合わせ

一人暮らしのインテリアコーディネート

  1. ホーム
  2. 一人暮らしのインテリアコーディネート

人暮らし向けインテリアコーディネートのコツとは?

画像

これから始まる新生活に胸躍らせて、リビング、キッチン、就寝スペースと、自分なりのインテリアを空想する時間はとても楽しいもの。……とはいえ、実際に家具や小物類などを自分で用意してコーディネートするのは思っているほど簡単ではありません。

一人暮らしのお部屋をコーディネートするには、ワンルームや1K、1DKなど狭い空間の中でいかに快適に暮らしやすく家具を配置するかの工夫が必要です。ここでは福岡でインテリアコーディネートを展開するアーバンインテリアが、一人暮らしのコーディネートのコツをご紹介します。

ピンポイントコーデ

一人暮らしの中でも悩みの多い、ベッドやキッチン、デスク周り、収納スペースについて、場所別にコーディネートのコツをご紹介します。

画像

ベッド周りのコーディネート

一人暮らしだと、多くの場合、ベッドは家具の中でもっとも大きな場所を占めことになるでしょう。狭い部屋の場合には、初めにベッドの配置を決めてから、ほかの家具を置いていくのがオススメです。ベッドの色やトーンに合わせてほかの家具を選ぶと、部屋全体に統一感が生まれます。

部屋が狭い場合に役立つのがソファと共用できるベッドや折りたたみ式のベッドです。また、縦の空間を効率よく利用できるロフトベッドも重宝します。

画像

キッチン周りのコーディネート

特に使い勝手で悩むのがキッチン周り。調理スペースが狭く、収納スペースにも困るケースも出てくるでしょう。収納が不足する場合は、壁面を有効活用して棚やフックやワイヤーネットを取り入れるのがオススメです。キッチンワゴンの利用も検討してみましょう。

デスク周りのコーディネート

デスク周りも収納不足が気になるところ。棚などでデスクの上の空間を有効活用してみましょう。ワンルームであってもシェルフを使って就寝スペースと区切ると、オンとオフの切り替えに便利。機能的なパソコンデスクやコタツという選択肢もアリです。

収納の工夫

一人暮らしの部屋の場合、十分な収納スペースが確保されていないこともあります。可能であれば壁面に棚を設置してみましょう。棚を互い違いに配置することで、圧迫感のない空間を演出できます。壁に沿って棚を置く場合には、視線を妨げないように低めの家具で統一するとよいでしょう。ベッド下を有効活用するのもオススメです。

トータルコーデ

画像

トータルコーデとは、家具からカーテン、照明、観葉植物、雑貨まで、統一感をもたせてコーディネートすること。カラーコーデや壁紙のセレクト、収納など、ありとあらゆるインテリアが含まれます。

一人暮らしの女性の場合、部屋全体の色使いを工夫するとよいでしょう。パステルカラーなどで統一すると、女の子らしい可愛らしい印象になります。白が基調の部屋に、差し色としてカラフルな色味のインテリアを配置すると、明るく華やかな雰囲気を演出できます。また、木製のインテリアや、それに合わせたベージュの家具でシンプルに統一すると、ナチュラルテイストの部屋に。色合いが落ち着いているので、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

画像

一人暮らしの男性には、「カッコよさ」を求めたいもの。黒系のインテリアで統一してシックな雰囲気にするのがオススメです。カッコいい部屋をつくるにはインテリアもポイントになります。時計や間接照明、観葉植物など、シンプルな部屋こそ雑貨にもこだわりましょう。

アーバンインテリアが一人暮らしのお部屋づくりをお手伝い

画像

一人暮らしの部屋は本来の自分に戻れる大切な空間。だからこそ自分なりのテイストにこだわりたいもの。可愛い系か、クール系か、あるいはカッコいい系か――それぞれの好みに合わせたコーディネートを目指しましょう。

数々のマンションのモデルルームを手がけてきたアーバンインテリアなら、皆様のライフスタイルに合わせた、暮らしやすく、オシャレなコーディネートをご提案可能。自分らしい空間づくりに挑戦したい方は、ぜひ当社へご相談ください。

gotop

urban interior

© 2016 URBAN INTERIOR All Rights Reserved.